MONOBELAW 事務所概要         FIRM OVERVIEW 私の一言               MY SHORT TALK お知らせ ANNOUNCEMENT リンク           LINK
私の一言   MY SHORT TALK
 
 物部康雄   YASUO MONOBE  
  小仏トンネル


63.税金の垂れ流し

2018/2/28




62.区分所有建物の
    固定資産税

2017/7/28




61.わけの分からぬ家族信託

2017/3/8




60.呆れるしかない広島訪問

2016/5/31




59.さらば民主党

2016/3/28




58.越後湯沢の惨状

2016/3/7




57.権威を疑う

2016/1/25




56.年間200億円

2015/12/15




55.小仏トンネル

2015/8/6



54.18歳で選挙権

2015/4/20










今朝の新聞を見ていたら、渋滞解消のために小仏トンネルの上り線に、新たに一車線分のトンネルを造るということである。「嘘だろう」と思わず叫んでしまった。一体だれが何のためにこんな馬鹿げた工事をすることにしたのか、怒りを覚えるほどである。

私は、よく中央高速を利用している。小仏トンネルの手前でしょっちゅう渋滞が起きているのはその通りだが、その一番の理由は、渋滞を悪化させるような車線の増加工事をしたからであるはずであり、今回、また同じ間違いをしようとしているわけで、「一体だれのために間違いをしたいんだ」と聞きたくなる。

政治は、一部の利益のために大勢の人に犠牲を強いるためにある、と定義することもできるが、この工事など、まさにその典型であろう。工事会社は儲けるであろうが、そのおかげで、渋滞はますます加速する訳である。トンネルの車線を増やしても、先が2車線になるのでは、所詮渋滞を悪化させるだけの話であり、もし、本気で渋滞を軽減させようと思えば、3車線の部分を2車線に減らす方が理に適っている。このままでは、トンネルが出来た後で、「やっぱりここだけではだめだ、皆3車線にする必要がある」と言って次の工事が始まるというところであろう。いつまでこんなインチキが見過ごされるのか、情けない限りである。

上り車線は小仏トンネルの手前で上りこう配にかかるので、どうしてもスピードが落ち、ある程度の渋滞が生じるのは致し方ないが、それを悪化させているのが、ほとんど意味のない登坂車線である。これにより車線変更で却って渋滞を悪化させているのであり、全て2車線であれば、速度は落ちても、今のような渋滞は生じていいないはずであり、わざわざ渋滞をこしらえているようなものである。片道1車線の道路の登坂車線は必要だが、片道2車線の登坂車線は、ほとんど必要性がないか、渋滞が起きる場所であればそれを悪化させるだけといえる。

アーあ、今日は、朝から気分が悪い。
アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年
〒105-0001 東京都港区虎ノ門一丁目2番8号 虎ノ門琴平タワー5階