MONOBELAW 事務所概要         FIRM OVERVIEW 私の一言               MY SHORT TALK お知らせ ANNOUNCEMENT リンク           LINK
私の一言   MY SHORT TALK
 
 物部康雄   YASUO MONOBE  
  区分所有建物の固定資産税


63.税金の垂れ流し

2018/2/28




62.区分所有建物の
   固定資産税

2017/7/28



61.わけの分からぬ家族信託

2017/3/8




60.呆れるしかない広島訪問

2016/5/31




59.さらば民主党

2016/3/28




58.越後湯沢の惨状

2016/3/7




57.権威を疑う

2016/1/25




56.年間200億円

2015/12/15




55.小仏トンネル

2015/8/6




54.18歳で選挙権

2015/4/20










今日の朝日新聞に、私が担当している区分所有建物における区分所有者間の固定資産税の割り振り方に関する事件が掲載された。 最近話題のタワーマンションにおける高層階への課税のありかたとも関係する事案であったため、興味を引いたようである。

記事を見て頂ければ、この裁判の異様さがすぐに理解してもらえると思われるが、何といっても、まるで、ほぼ建物の躯体だけで空っぽと言っていい駐車場階と多くの住戸に仕切られいろんな住居設備を付された住居階の建築コストに差がないと言い切る役所の厚かましさに、呆れてしまうところである。まるで、「俺の判断にケチをつけるな」と言わんがごとくである。

もちろん、いくら役所の立場を忖度するのが常の裁判所と言えでも、さすがに今回ばかりは役所を助けるわけにはいかないであろう、と判決結果には楽観している。

しかし、このようなふざけたと言いたくなるような対応を、何故、都民のためにあるはずの役所がするのか、義憤を禁じえない。担当者を含め、本気でその間に差がないなどと思っている役所の人間は一人もいないはずである。それでも、こんなことが起こるというのは、相当に組織がおかしくなっているとしか思われない。

恐らくは、この案件で補正を認めてしまうと収拾がつかなくなるから徹底して言い張っているのであろうが、一体如何なる利益を守ろうとしてそのような無理を重ねるのか、呆れてしまう。もし、このような対応が、トランプさんの米国で起き、それで納税者が勝訴したら、恐らくはとんでもない額の特別賠償金の支払いが命ぜられるのではないか、と思われる。

日本でも、何かそうした制度の導入を真剣に考えるべきなのでは、と思わせる事案であるのは間違いない気がする。



























アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年
〒105-0001 東京都港区虎ノ門一丁目2番8号 虎ノ門琴平タワー5階